So-net無料ブログ作成
検索選択

眞子さま、英語研修でアイルランドへ 寛仁さまと彬子さまはトルコへ(産経新聞)

 秋篠宮ご夫妻の長女で国際基督教大学1年生の眞子さまが、7月4日から8月15日にかけて、同大の海外英語研修プログラムに参加するため、アイルランドに旅行されることが、15日の閣議で報告された。

 眞子さまは7月4日、成田を出発し、ドイツ・フランクフルト経由でアイルランドの首都ダブリンにご到着。5日から8月13日まで、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで英語研修プログラムに参加し、8月15日に帰国される。

 この日の閣議では、寛仁親王殿下と長女の彬子さまが7月7日からトルコへご旅行されることも報告された。寛仁さまは14日に、彬子さまは12日に帰国される。

【関連記事】
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”
皇族方のニーズ多様化 個性生かし進学先選択
寛仁さま、トルコ特命大使らが慰霊 エルトゥールル号沈没120年
海外に出て知る日本への好評価 「トルコと日本は、もっと近くなれる」
彬子さまが京都でご就職
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
痴漢容疑で自衛官の少年逮捕 和歌山(産経新聞)
<松戸市長選>本郷谷健次氏が初当選 千葉(毎日新聞)
iBooks用日本語書籍を公開(時事通信)
男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)

首相辞任で農水省「口蹄疫、やるべきことをやるだけ」(産経新聞)

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題では、鳩山由紀夫首相は政府対策本部の本部長を務める。1日にはこの問題で初めて同県を訪問し「撲滅のため共に頑張りたい」と激励したばかり。だが、地元から「パフォーマンスだ」などと反発を受けた上、約束も反故(ほご)にすることになった。

 退陣表明を受け、口蹄疫の対応に追われる農水省では「家畜伝染病で首相が現地入りするのは珍しい。だが、素直に受け取ってもらえる状況ではなかった」と首相訪問の効果を疑問視する声も挙がる。

 今後の対応について、農水省幹部は「すでに政府方針は出されている。本部長が代わろうと、やるべきことを迅速にやるだけだ」と話した。

 一方、赤松広隆農水相は2日午後、東京・霞が関の農水省で、報道陣に「退任会見で話す」とだけ述べ、足早にエレベーターに乗り込んだ。

【関連記事】
口蹄疫被害農家、首相に怒り「昨日の言葉は何だったのか」
ブレ続けた政治指導にため息 不信渦巻く地元
口蹄疫 宮崎県が2億4千万円を農家に配分
口蹄疫 九電が義援金5千万円寄付
口蹄疫 「頑張れ宮崎」募金活動 JA全中、都内7カ所で
「はやぶさ」帰還へ

<口蹄疫>宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され(毎日新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
小鳩退陣のおかげ…横浜市議補選勝利で民主陣営(産経新聞)
<強盗未遂容疑>交番に「拳銃よこせ」67歳逮捕(毎日新聞)
民主選対委員長に安住氏内定(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。